地方創生ワカモノ会合

あなたが住み続けたい「まち」はどんな「まち」でしょう?
そんな「まち」をつくるためにはどうすればいいでしょう?
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局と内閣府地方創生推進事務局は
「まちづくり」のアイデアを募集します。
SDGsの考え方を使って、自由に発想してください!

主  催:内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局、内閣府地方創生推進事務局
企画協力:一般社団法人 Think the Earth(SDGs for School事務局)

SDGsってなに?

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された「持続可能な開発目標」のことです。すべての国の社会課題を対象とした17のゴールで構成され、包括的で持続可能な社会の構築を目指しています。貧困や飢餓から環境問題、経済成長やジェンダーにいたる広範な課題が網羅されており、「誰一人取り残さない」ことを強調し、2030年までに達成することが目標とされています。

持続可能な目標(SDGs)の17ゴール

持続可能な目標(SDGs)の17ゴール

審査委員紹介

審査委員長

蟹江 憲史

蟹江 憲史

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授

慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボ代表、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)シニアリサーチフェロー。専門は国際関係論、地球システム・ガバナンス。SDGs研究の第一人者であり、研究と実践の両立を図っている。博士(政策・メディア)。

メッセージ

中高生の創造性のある応募を楽しみにしています。SDGsを見ながら、「住み続けられるまちを実際につくるんだ!」という気持ちで臨んでみてください。受賞作品は、審査委員一体となって、アイディアが実現するように自治体に働きかけたいと思いますし、実現へ向けて全力で応援します!

審査委員

河口 真理子

河口 真理子

株式会社大和総研 研究主幹

大和総研にてアナリスト業務を経て、1997年から環境経営、CSR、ESG投資、エシカル消費などサステナビリテイ全般の調査研究に従事。プライベートでは、会津の雪深い山奥に夫とログハウスを手作り。田舎暮らしも楽しんでいる。著書に「ソーシャルファイナンスの教科書」など。

山藤 旅聞

山藤 旅聞

新渡戸文化小中学校・高等学校教諭/一般社団法人Think the Earth コミュニケーター

2004年より都立高校で生物の教員となり、生徒が主体的・自立的に学びを進める「対話式・双方向性授業」などを実践。2017年「未来教育デザインConfeito」を立ち上げ、一般社団法人Think the Earthと協働しながらSDGsを取り入れた教育デザインの実践紹介やプロジェクトの作り方について、全国規模で出前授業や講演を展開。

竹嶋 理恵

竹嶋 理恵

株式会社電通TeamSDGsプロジェクトリーダー

1992年電通入社。政府広報や環境・ツーリズム・地域振興・社内カルチャー変革・教育・食品など様々なジャンルの商品やサービスのコミュニケーションプランニングに携わる。

募集概要

テーマ

SDGsを活用し、あなたの住んでいる「まち」や関心のある「まち」を
「誇りを持って住み続けたくなるまち」にするためのアイデアを提案してください。

提案内容

  1. 対象とするまち、その現状・問題点
  2. 誇りを持って住み続けたくなるまちの姿(目標・ゴールイメージ)
    (SDGsのゴールを2つ以上選び、それらをヒントに考える)
  3. 住み続けたくなるまちに近づけるためのプロジェクトアイデア(具体的施策)
  4. プロジェクトタイトル
  5. プロジェクトを拡げるための協力先(自治体・企業・学校・地域の仲間等)や連携イメージ

応募資格

全国の中学生・高校生(個人でもグループでも可)

募集期間

令和元年7月19日(金)〜令和元年9月9日(月)

表彰対象

  • 最優秀賞 1作品
  • 優秀賞 4作品
  • 受賞者(グループ応募の場合は代表者)には、「地方創生ワカモノ会合 in 名古屋」にてプレゼンテーションを行っていただきます。(ただし、応募条件ではありません。)
  • 優秀5作品は今後の地方創生の取組の参考にさせていただくとともに、内閣官房のホームページ等に掲載予定です。
  • 最優秀賞の受賞者は、来年初旬に開催を検討している地方創生イベントで、プレゼンテーションをしていただく予定です。

※当コンテストでは、中高生を対象に「SDGsの考え方」を使った「まちづくりアイデア」を募集しています。
「地域経済分析システム(RESAS)」を活用した「地域課題の分析に基づく政策アイデア」は、内閣府主催「地方創生☆政策アイデアコンテスト(高校生・中学生以下の部)」へご応募ください。

募集要項詳細はこちら >

応募方法

コンテスト作品の応募は締め切りました。
多数の応募をいただき、ありがとうございました。

応募書類 エントリーシート(A3サイズ)を提出してください。
参考資料の添付(ファイル形式:ppt,pptx,xls,xlsx,doc,pdf,xps,jpg,jpeg,png,gifに限る)も可能です。
エントリーシートはこちら >
記入例はこちら
送付先 地方創生ワカモノ会合「SDGsまちづくりアイデアコンテスト事務局」宛にメールにて送付してください。
sdgs@chihou-wakamono.go.jp
締切 令和元年9月9日(月) 24:00

※1応募あたり10MB以下の容量で応募ください。
※応募作品点数に制限はありません。
※応募者の個人情報は当事業の運営のみに使用します。詳しくはページ最下段の「プライバシーポリシー」をご確認ください。

地方創生ワカモノ会合 in 名古屋 SDGsで、地域は変わる

開催日 2019年11月9日(土)
開場・受付開始12:30開会13:00/閉会16:00(予定)
場 所 愛知県図書館大会議室
愛知県名古屋市中区三の丸一丁目9-3

優秀作品受賞者にはプレゼンテーション用資料を別途ご用意いただきます。

スケジュール

7/19 募集開始
9/9 募集締切
9月中下旬 1次審査
10月上旬 2次審査
10月中旬 最終審査
11/9 表彰式

※スケジュールは事前の予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

参考資料

  1. 地方創生とは
  2. 各地域の課題は何か?
  3. SDGsとは
  4. SDGsによるまちづくりの事例
  5. 中高生の事例